ヘネシー(Hennessy)のブランデー買取

ヘネシー(Hennessy)のブランデー買取

ヘネシー(Hennessy)のブランデー買取

ヘネシー リシャール コニャックの画像

こんにちは!本日、お酒買取TOWNにて「ヘネシー リシャール コニャック(Richard Hennessy Cognac)」のお酒を買取ました!
今回買取したヘネシー(Hennessy)はブランデーなどを製造する会社で、その歴史は古く現在でも世界中で愛されています。ヘネシー(Hennessy)のブランデーは非常に有名ですが、普段あまりブランデーを飲まない方はあまり知らないかもしれません。そこで今回は、ヘネシー(Hennessy)やブランデーについてその歴史やブランデーの種類などをご紹介したいと思います!
ヘネシー(Hennessy)はヨーロッパにて創業され、現在は創立してからおよそ250年を迎えました。コニャック地方で製造や販売をしていましたが、その後1794年にアメリカへ輸出し、アメリカ国民で好評となり、その後ロシアなど外国に本格的に輸出されるようになりました。日本に初めてヘネシー(Hennessy)が来たのは1868年で、日本国内でも数多くのヘネシー(Hennessy)愛飲者が生まれました。ヘネシー(Hennessy)は非常に特徴のある会社で、例えば現在では主流となっているブランデーの格付けは、ヘネシー(Hennessy)が友人や家族のために行ったことがきっかけだといわれています。そのほかにも、芸術家やアーティストのコラボなど非常に活動的でラベルやボトルにも非常にこだわりをもっています。もちろん味にもこだわっていて、ヘネシー(Hennessy)の作るブランデーはいくつもの最高評価を受けているものが数多くあります。ところでみなさんは、ブランデーはどのように作られているかご存知でしょうか?ブランデーはワインと同じく、ブドウから作られるお酒で、収穫したブドウを発酵、蒸留を経てアルコール度数が70%になったものを熟成することにより完成します。ヘネシー(Hennessy)が数あるブランデーの中でも、最高評価を受け続けている理由の1つに、ブドウへのこだわりがあります。ヘネシー(Hennessy)がブランデーに使っているブドウは第1等級畑の「グランド・シャンパーニュ (Grand Champagne)」「プティット・シャンパーニュ(Petite Champagne) 」「ボルドリ(Borderies)」「ファン・ボア(Fins Bois)」などで栽培されています。ここでとれるブドウの品質は非常に高く、ブランデーの味の決め手にもなっています。また、樽にもこだわりがあり、樹齢が100年以上の木から作られた樽は、ブランデーの味に深みを出しています。ヘネシー(Hennessy)のこういった数々のこだわりで作られるブランデーは品質が高く、ヘネシー(Hennessy)が長年愛される続けています。
今回はお酒「ヘネシー リシャール コニャック(Richard Hennessy Cognac)」を買取しましたが、引き続きお酒買取TOWNはヘネシー(Hennessy)のブランデーを受け付けております!もし、お持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ1度査定をお試しください。詳しくは、ブランデー・ヘネシー(Hennessy)買取ページをご確認ください。その際、日本酒やワインなどもお酒も一緒に買取に出していただけますよ。お酒買取TOWNはみなさまのご利用をお待ちしております!

ページの先頭に戻る

ブランデー

*

宅配買取はコチラ ボタン

0120-969-949

電話受付時間:9:00〜15:00 水/日曜定休