ジャパニーズブランデー(JAPANESE BRANDY)

ジャパニーズブランデー(JAPANESE BRANDY)

買取できる主なジャパニーズブランデー(JAPANESE BRANDY)

お酒買取アローズではジャパニーズブランデー(JAPANESE BRANDY)を絶賛買取中!以下のブランデーをお持ちの方はぜひ買取をご検討ください。

ジャパニーズブランデー(JAPANESE BRANDY)の買取実績

ジャパニーズブランデー(JAPANESE BRANDY)を実際に買取した実績を大公開しております。買取申込みを迷われている方はぜひご参考にしてください。

  • ニッカ ブランデー X・O デラックス 白など計9点を

    ニッカ ブランデー X・O デラックス 白など計9点を 17,680円 で買取!

    ブランデーとワインの置き場所に困ってたのでいい加減売ろうと思いまして利用しました。とりあえず買取が終わるまでが全部簡単だったのでよかったと思います。女一人でどこかのお店に売りに行こうとするとかなり重たいし、途中で落とすのが心配ですが宅配なら外出する必要もないので安心でした。ヤマトのお兄さんが割ったらおしまいですが、(笑)そんなことも起こらなかったみたいで無事買取してもらえました。ありがとうございました。

  • サントリー ブランデー X・Oシルキーなど計27点を

    サントリー ブランデー X・Oシルキーなど計27点を 45,704円 で買取!

    安くても数が集まったら高く買取してもらえるんだなと実体験しました。確か一番高いブランデーで元値が8000円いくかいかないかぐらいだったんで、4万円いくとは予想外。サイトに高価買取って書いてたけど本当なんだとわかりましたね。ほぼ手ぇつけてないから状態もよかったのかな。

  • キリン ブランデーX・Oなど計20点を

    キリン ブランデーX・Oなど計20点を 30,260円 で買取!

    高く買取してもらえて感謝しています。実は旦那のブランデーも勝手に売ったので安かったらただただ申し訳ないなーと思ってたんですが、いい金額で売れたので言っても問題なさそうです。夫婦でお酒が好きですが、飲む時間がなくて増えていく一方だったので片づけられてすっきりしました。今度は旦那と一緒にものすごくいいお酒を少数で買うようにしようと思います。

ジャパニーズブランデー(JAPANESE BRANDY)とは?

ヘネシーやカミュなど、ブランデーと言えば海外から輸入しているイメージが強いですよね。しかし実は日本でも多くのブランデーが生産されています。ジャパニーズブランデー(JAPANESE BRANDY)というカテゴリーで呼ばれることが多く、海外のブランデーに比べて味わいがまろやかなものが多いのがジャパニーズブランデー(JAPANESE BRANDY)の特徴です。

しかしながら日本ではブランデーに向いたぶどうを生産するのが難しいため、ブランデーに使用する原酒は輸入していることが多くなっています。そのため100%日本産、とは言い難いところですが、日本の消費者の嗜好にあったブランデーになっているので非常に飲みやすくなっています。サントリーやニッカ、キリンといった名だたる日本有数の酒メーカーがそれぞれジャパニーズブランデー(JAPANESE BRANDY)を製造・販売しており、味わいはもちろんボトルにも各社の個性が反映されているので比べるのがとても楽しいですよ。また日本全国的な知名度はそれほど高くないメーカーが販売するジャパニーズブランデー(JAPANESE BRANDY)の中にも眠れる名ブランデーが数多く存在します。お手頃価格ながら日本人の好みに合ったブランデーを楽しめるので、ぜひ皆さんも一度ジャパニーズブランデー(JAPANESE BRANDY)を飲んでみてはいかがでしょうか。

人気のジャパニーズブランデー:サントリー X・Oスーペリア

ジャパニーズブランデーの画像

日本が誇る酒造メーカー、サントリーのジャパニーズブランデー(JAPANESE BRANDY)を代表して「サントリー X・O スーペリア」をご紹介します。 そもそもサントリーがブランデーづくりに乗り出したのは、1935年のことです。新潟県で栽培したぶどうを大阪の工場で蒸溜する体制をスタートします。満を持して1938年に初めてブランデーを発売したものの、第二次世界大戦の影響で本格的に販売するのは1952年にまで長引きました。その後も意欲的にブランデー造りに取り組み、多くのジャパニーズブランデー(JAPANESE BRANDY)を生み出してきました。 そんなサントリーが発売するサントリー X・O スーペリアは、私たち日本人の好みにぴったりの優しく艶やかな味わいとなっています。世界でも特に繊細と言われる日本人の味覚にあうよう、納得いくまで試行錯誤された最高峰のジャパニーズブランデー(JAPANESE BRANDY)です。20年以上の歳月をかけ熟成したコニャックがうみだす濃厚でシルクのような舌ざわりに、初めて飲む人はこんなにもジャパニーズブランデー(JAPANESE BRANDY)は美味しいのかと驚くことでしょう。 お酒買取アローズでは、サントリー X・O スーペリアをはじめとしたジャパニーズブランデー(JAPANESE BRANDY)を積極的に買取しております。ご自宅に飲まれていないジャパニーズブランデー(JAPANESE BRANDY)がありましたら、ぜひ買取費用が無料のお酒買取アローズにお任せください。

おすすめのジャパニーズブランデー:キリン ブランデー V.S.O.P

ジャパニーズブランデーの画像

サントリーと対をなす日本の大手酒造メーカーといえば、キリン。キリンのお酒といえば、やはりキリンビールの一番搾りなどがすぐに思い浮かびますが、キリンでも知る人ぞ知るジャパニーズブランデー(JAPANESE BRANDY)が製造されているのです。 その代表がこちら、「キリン ブランデー VSOP」です。キリンのブランデーが初めて販売されたのは意外と最近のことで、1983年です。「シャトラン VSOP」が一番初めに世に出たキリンブランデーとなっています。以降はシャトランのブランドでブランデーを製造・販売していましたが、96年からブランドをシーグラムへと変更しています。 キリンのブランデーの特徴は、とにかく日本人の好みを調査、分析してつくりあげた日本人のための理想のブランデーを追求していることです。まさにジャパニーズブランデー(JAPANESE BRANDY)と呼ぶにふさわしいその理念は、しっかりとキリンのブランデー自身にも表れています。今回お酒買取アローズでご紹介している「キリン ブランデー VSOP」は、とてもすっきりとした味わいが特徴。アルコール度数が40%ありながらマイルドですっと喉に入ってくる飲み心地は、日本が誇るキリンだからこそ実現できた味わいです。ブランデーって苦手かもという人でも飲みやすいジャパニーズブランデー(JAPANESE BRANDY)なので、ぜひ一度お試しください。

*

宅配買取はコチラ ボタン ※現在申し込み出来ません。

0120-160-882

電話受付時間:9:00〜15:00 水/日曜定休