日本酒 十四代 龍泉(じゅうよんだい りゅうせん)

日本酒 十四代 龍泉(じゅうよんだい りゅうせん)

買取できる主な日本酒 十四代 龍泉(じゅうよんだい りゅうせん)

お酒買取TOWNでは十四代 龍泉を買取しております。その他獺祭といった日本酒もご一緒に買取を受け付けております。

日本酒 十四代 龍泉(じゅうよんだい りゅうせん)の買取実績

お酒買取TOWNにて十四代 龍泉を買取させていただいた実績を公開しております。買取お申込みの際のご参考にどうぞ。

  • 十四代 龍泉2016年製を

    十四代 龍泉2016年製を 235,000円 で買取!

    キレイに置いといて本当によかったと過去の自分を大絶賛中です。お世話になっている酒屋がたまたま十四代龍泉を置いていたようで、いつも使ってくれてるからと教えてくれました。自分でオークションで売る方が高いとは思ったんですが、経験がないので買取専門店に任せたほうがいいと思って今回はお酒買取TOWNさんにお願いしました。軽く20万を超えてくれて感謝しています!こちらで払う費用もなかったのでとても助かりました。大満足です。

  • 十四代 龍泉など計6点を

    十四代 龍泉など計6点を 317,000円 で買取!

    実は他の買取業者でも見積もりを出してもらってたけどここが一番金額が高かったのでここにしました。本音を言うとこれだけの額だから持ち逃げされたらどうしようって不安もあったけどすぐに振込してくれました。鑑定も早くしてくれたので時間がかからなくてよかったです。また酒を売るときはここで買取してもらう。

  • 十四代 龍泉など計3点を

    十四代 龍泉など計3点を 256,000円 で買取!

    運よく2本目の十四代龍泉をゲットできたので一本開封しました。美味しくてもう1本開けたい気持ちもありながら、もったいなすぎてちびちびとしか飲めないことに気づき、未開封の龍泉は売ろうと決めました。あとついでに他の日本酒も。いやいやさすが龍泉、桁間違えたのかと思う買取金額でした。私は定価で購入したので本当にいいのかなという申し訳ない気持ちも多少ありますが、ありがたく受け取ることにします。本当にありがとうございました。

日本酒 十四代 龍泉(じゅうよんだい りゅうせん)とは?

創業は1615年という江戸時代から代々続く歴史を持つ高木酒造が製造しているのが、数多くの日本酒の中でも幻と言われるほどの逸品・十四代 龍泉です。

日本酒好きなら誰もが一度は飲んでみたいと切に願う十四代 龍泉。使用されているのは、日本酒に適するように高木酒造が独自に開発した米である"龍の落とし子"。35%の割合で精米し、低温でじっくりと発酵させ造られます。普通はその後加熱処理を施しますが、十四代 龍泉は加熱処理をせずに出荷されるのが特徴。火を加えないことで、フルーティな甘さが消えずに残ります。そのため冷で飲むのもよし、熱燗でいただくのも最高というどんな状態でも旨味を味わえる日本酒となっています。

高木酒造の十四代は、十四代 龍泉以外も定価での入手が困難と言われています。それは製造・販売元である高木酒造がこのネット時代の中でも自社ホームページをつくっていない事実に起因します。非常に入手経路が限られているため、定価購入したいと思うと十四代を置いている酒屋を見つけるしかありません。ネット市場にも数自体は多く出回っていますが、かなり販売価格が値上がりしているという状態です。そんな十四代の中でも十四代 龍泉は、わずかな量しか生産できないためさらに入手が難しくなっており、定価1万円のところがネットでは10万円はくだらないことも多々あります。

それほどまでに希少価値の高い十四代 龍泉、生きているうちに一度でいいから味わってみたいものですね。

最高峰の日本酒:純米大吟醸「十四代 龍泉 赤デキャンタ」

十四代 龍泉の画像

日本酒の最高位に位置している十四代 龍泉、こちらの赤デキャンタは2010年まで製造されていたタイプのもの。とにかく目を引くひょうたん型の真っ赤なボトルは、どんな棚に並んでいても一目で十四代 龍泉であるとわかりますね。昔の中国の王朝時代を彷彿させる瓶には、十四代 龍泉の特徴的な2匹の龍と泉がデザイン化された刻印がなされています。パッと見たところ見当たらないラベルは、ボトルの見た目・刻印の邪魔にならないようひっそりと貼られています。数ある日本酒の中でも非常に芸術性の高いボトルは、ボトル自体も人気があり多くのコレクターがいます。空瓶だけでもとても価値が高いものです。 十四代 龍泉 赤デキャンタは、現在製造されている十四代 龍泉の精米35%とは違い、40%の割合で精米した龍の落とし子で造られていました。立ち上る香りはバニラのような甘い香りで、とろける甘みが特徴。通販やオークションで購入しようとすると10万円以上することもザラなので気軽には飲めませんが、機会があれば、いやぜひ飲んでみる機会をつくってみてください。 お酒買取TOWNでは十四代 龍泉 赤デキャンタを高額で買取いたします。保存状態にもよりますが100,000~300,000円、時期によりそれ以上の価格での買取の可能性もございます。ぜひ買取をお考えの際は、弊社にご相談ください。

人気の日本酒:大極上諸白 純米大吟醸「十四代 龍泉」720ml

十四代 龍泉の画像

幻の中の幻と言われる赤デキャンタの次は、現在製造されている十四代 龍泉をご紹介します。 赤いボトルと一転して、シンプルな落ち着いた見た目になりました。ラベルに大きく印字された「龍泉」の文字と、栓の部分から垂れ下がった刻印が印字された紫の布がシックな印象をシックな印象を与えていますね。ちなみに写真ではわかりにくいですが、十四代の共通した特徴である「十四代」という文字が金色で印字されているのも十四代 龍泉が目を引く理由です。暗い店内に並べられていても、金色の文字が輝きを放つという差別化がなされています。 瓶がシンプルな四合瓶になったぶん、赤ボトルに比べて低価格になっています。とはいえ、出回っている本数が少ない十四代 龍泉ですから普通に買おうとするのはやはり難しい。ヤフオクなどネットオークションでは数十万単位で取引されることが多いです。ギフトやイベント時など特別な機会に購入したい日本酒ですね。運がよければ販売している酒店での抽選で入手できることもありますので、細かくチェックして抽選に応募するというのも一つの手です。幻と言われる日本酒界の最高峰、入手は難しいですが皆さんもぜひ一度は味わってみてください。 十四代 龍泉はお酒買取TOWNにて高価買取いたします。およその目安としては100,000~250,000円前後の金額での買取をいたします!日本酒の中でもトップクラスの買取価格となっておりますので、状態のよい十四代 龍泉をお持ちでしたらぜひお酒買取TOWNまでお売りください!

*

宅配買取はコチラ ボタン

0120-969-949

電話受付時間:9:00〜15:00 水/日曜定休