ウイスキー I.W.ハーパー(I.W.HARPER)

ウイスキー I.W.ハーパー(I.W.HARPER)

買取できる主なウイスキー I.W.ハーパー(I.W.HARPER)

ウイスキー I.W.ハーパー(I.W.HARPER)をお酒買取TOWNにて買取しています。飲まなくなったお酒があればぜひお売りください。

ウイスキー I.W.ハーパー(I.W.HARPER)の買取実績

ウイスキー I.W.ハーパー(I.W.HARPER)を実際にお売りいただいた実績を公開しています。買取のご参考にどうぞ!

  • I.W.ハーパー(I.W.HARPER) 12年など計15点を

    I.W.ハーパー(I.W.HARPER) 12年など計15点を 22,630円 で買取!

    知人から酒もインターネットで売れると聞き早速試してみました。家にいる時間帯が限られているので、集荷の時間指定ができるのはとても助かります。買取してもらう金額も高かったので即決でお願いしました。ダンボール分が差し引かれていると考えてもいい金額だったと思います。自分もお酒の処理に困っている人に教えてあげたいですね。

  • I.W.ハーパー(I.W.HARPER) ゴールドメダル 1000mlなど計5点を

    I.W.ハーパー(I.W.HARPER) ゴールドメダル 1000mlなど計5点を 8,220円 で買取!

    友達から定価以下で買ったウイスキーばっかりだったので、購入資金以上の額になってびっくりしました。本当に下心なく飲まなくなったから売るだけなのに変に儲けが出てしまった…。金額が高いのは嬉しいことですが複雑な心境かも。(笑)友達に申し訳ないのでお酒買取TOWNのことを伝えておきます。たぶん使うと思うし。今後はちゃんと自分で買ったものを売ることに決めました。(笑)

  • I.W.ハーパー(I.W.HARPER) 12年など計30点を

    I.W.ハーパー(I.W.HARPER) 12年など計30点を 57,000円 で買取!

    倉庫にあったお酒を一気に売ったら6万ぐらいの金額になって、本当にうちにあったやつなのかと夫と疑っています。家では全く高いお酒を飲まないのでこんなのあったっけという気持ちなんですが、まあ高く買取してもらえたのでどっちでもいいやと思えました。この後振り込んでもらったお金でフレンチでも食べに行こうかと話しています。

ウイスキー I.W.ハーパー(I.W.HARPER)とは?

I.W.ハーパー(I.W.HARPER)、名前にはピンと来なくてもボトルを見てこのお酒知ってる、と思う人が多いはずです。ハイボールと言えばI.W.ハーパー(I.W.HARPER)というぐらい強いイメージがあるバーボンウイスキーなので、通でない人にも広く認知されているバーボンウイスキーなんです。日本でもジムビームやワイルドターキーなどと並ぶぐらい有名ですね。

そんなI.W.ハーパー(I.W.HARPER)が誕生したのは、今から140年前の1870年代後半のことです。バーボンウイスキーの聖地・ケンタッキー州にてアイザック・ウォルフ・バーンハイムという人物が造り上げました。当時は質の悪いバーボンが世に憚っていましたが、その中で本当に品質のいいバーボンをという理念のもと造られたのです。I.W.ハーパー(I.W.HARPER)という名前は彼のイニシャルのIとW、そして親友であるフランク・ハーパーからとり「I.W.ハーパー」が名づけられました。質の高さにこだわっているI.W.ハーパー(I.W.HARPER)は、1885年の万博で金賞、他の世界的な博覧会などでも5個のゴールドメダルを受賞したことから、ラベルにもゴールドメダルが印字されるようになりました。1949年以降からは、毎年デザインを変えたデキャンタ―ボトルを販売。世界中のコレクター魂に火をつけたほどの影響力を持ちました。その後卓越した広告力により洗練された都会のバーボンウイスキーというイメージをつくりあげ、現在でもI.W.ハーパー(I.W.HARPER)はシティ派のクールさを表現したバーボンウイスキーとして愛されています。

バーボンウイスキーおすすめの飲み方:I.W.ハーパー『ハーパーソーダ』

I.W.ハーパーの画像

I.W.ハーパー(I.W.HARPER)と言えば、一番のおすすめしたい飲み方はハイボールで決まりです! スタイリッシュな紳士のバーボンウイスキーのイメージが非常に強いI.W.ハーパー(I.W.HARPER)。飲み方もやはりクールにいかなければなりませんよね!それならばやはり日本だけでなく世界中で浸透している『ハーバーソーダ』が一番です。作り方はいたって簡単、I.W.ハーパー(I.W.HARPER)と炭酸を1:4の割合で割るだけです。一般的なハイボールタンブラーの目安で紹介していくと、まずはグラスに氷をたっぷりと詰め込みます。そこにしっかりと冷やしたI.W.ハーパー(I.W.HARPER)を30mlほど加え、上からよーく冷やした炭酸水を120mlほど注ぎます。最後に縦向きに一度ステアすれば、バーで出してもらうハーパーソーダが完成です。たったこれだけなので、家でもさっと作れてしまいます。お好みでオレンジジュースやクランベリージュースなど果実系のジュースを加えてアレンジするのも美味しいですよ。爽やかで喉にスッキリと入っていくので、ハイボールが苦手な方にもおすすめしてあげてください。特に暑い夏の時期なんかにはぴったりとなっています。ぜひ皆さんも作ってみてください! お酒買取TOWNでは、ハイボールが人気のI.W.ハーパー(I.W.HARPER)を絶賛買取中です。売りたいけどどこにしようかお悩みの方がいましたら、まずは査定だけでもどうぞ。キャンセルも無料でできますのでお気軽にお試しいただけますよ。

終売した人気バーボンウイスキー:I.W.ハーパー(I.W.HARPER) 15年

I.W.ハーパーの画像

ハイボールにピッタリのバーボンウイスキーとして大人気のI.W.ハーパー(I.W.HARPER)の中から、今はもう販売終了となってしまった人気のI.W.ハーパー 15年をご紹介します。 実はこちらのI.W.ハーパー 15年は、日本には入荷されていない商品です。にも関わらず、元からあった人気の高さに加えまろやかな美味しさが評判となり、日本国内でもファンが多いバーボンウイスキーなのです。販売が終了してからもう20年以上は経過していますが、それでもバーボン通には未だに衰えない人気を獲得しています。特徴としてはなんといっても15年というバーボンには非常に珍しい長期の熟成。飲んだ瞬間に15年間の長い歴史を感じられるような深みのある味わいがのどを通ります。長期の熟成によりマイルドな柔らかさがあり、アルコール度数は高いのに飲みやすい仕上がりとなっています。終売品なので購入しようとなると、現在は1本15,000円前後の価格となります。簡単には手を出せない金額ですがそれだけの美味しさがあります。バーボンウイスキー好きなら一度は飲んでみたいものですね。 お酒買取TOWNでは、終売となったこちらのI.W.ハーパー 15年を高価買取しています。箱入りで保存状態も良いものであれば、8,000円~13,000円の価格帯で買取いたします!ご売却をご検討中の方は、ぜひお酒買取TOWNにまでご連絡ください。

*

宅配買取はコチラ ボタン

0120-969-949

電話受付時間:9:00〜15:00 水/日曜定休